2012年11月29日木曜日

今日の出来事

今日、業務中に私の中の何かが変わった。
音を立てて変わった気分を味わった。
具体的には英語でのコミュニケーションの途中である。
シンガポールから来たBellさんと会話をしたとき、それは12時半急に自覚した。

急に出来るようになったのだ。
言葉の運用能力のステージが変わった。
これまでと違う僕。

異文化に接し続けた結果の出来事であるが、恐れずに異邦人たちと会話することができる。

2012年10月15日月曜日

【浦和東高校】H24年度91回全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会第3節


10月13日10時半から惣右衛門サッカー場で県予選のリーグ第3戦浦和東高校対大井高が開催された。
浦和東高校は白、大井は緑を基調のユニフォーム。
2次予選リーグの最終戦であり、浦和東高校は前半から良い状態で押し込み、ゲームを有利に進め、前半に1得点 後半に2ゴールし、3-1で勝利した。
前半の早い段階から、中盤を支配し、有利にゲームを進め1点を得た。

後半も有利にゲームを進め、2点をゲットしたものの、終盤に1失点。大井が勢いを盛り返したが、時すでに遅し。
結果として、浦和東と大井高校はD組一位と三位だったが、大井高校は得失点差で次のトーナメントに進んだ。ちなみに2位は埼玉栄、残念ながら東農大は敗退となった。

大本命はやはりインターハイ準優勝の武南、予選も唯一三連勝での突破であり、優位は動かない。しかし、一発勝負のトーナメントではわからない。楽しみである。

2012年10月8日月曜日

【浦和東高校】H24年度91回全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会第二節

10月8日10時半から惣右衛門サッカー場で県予選のリーグ第2戦浦和東高校対東農大三高が開催された。
浦和東高校は赤、東農大は緑を基調のユニフォームだった。
2戦目であり、落ち着きを取り戻した浦和東高校は前半から良い状態で押し込み、ゲームを有利に進め、後半2ゴールし、2-0で勝利した。
前半の早い段階では、陣形が整わず、DF4枚とMFの間に東農大のFW・MFが5枚が入り、中盤を支配しそうな危ない場面が想定されたが、東の8番がDF4枚に加わり、中盤が東有利になった。
その後、東はサイドから攻撃し、何度かヘディングで良い場面ができたが、ゴールできず、40分を終えた。
後半、東は同様にサイドから組み立てた。ついにセットプレー/コーナーからのヘディングのこぼれ球をシュートし1点をとり、その後ヘディングで1点を加えた。
東農大は、後半疲れが見え、シュートチャンスが精度を欠いて得点できなかった。
早い時間帯に得点チャンスがあったので、先取点を取っていればわからない展開もあったのではと思った。
次回は10月13日土曜日に開催される。
他会場の状況は不明。

J1 第28節 名古屋グランパス戦


結果はスコアレスドローでしたが、粘り強く戦い勝ち点1を大宮はゲットしました。

当日は車のイベントが鈴鹿で行われており、3連休の初日ともいうことで混雑がひどい状況でした。
私は豊川稲荷そばのホテルに宿をとり、瑞穂まで往復しました。
こんなやり方もあるのかと思いましたが、同時刻に出発したツアーバスの到着時間を見ると宿泊よりも日帰りの弾丸ツアーがよかったのかとも思います。

移動した仲間の一人にはサッカーの応援ツアーということを忘れ、観光に重きを置いた方がいました。次回から気を付けようっと思っています。

試合内容は名古屋が押し気味にすすめ、試合を支配する場面が多く、前半にヘディングでゴールの場面がありました。しかし、オフサイドでノーゴール、シュートしても枠を外すなど精度を欠き、絶好のヘディングの好機をGK北野の素晴らしい反応で防ぎました。
一方、大宮にも多少の機会がありましたが、金久保のシュートを楢崎が触り、ポストにはじかれゴールならずの場面もありました。
判定では名古屋の勝ちですが、それぞれノーゴールで勝ち点を分けた形で終了しました。
名古屋は勝ち点2を失ったような試合だったと思います。

印象的だったのは、名古屋の増川選手の大きさでした。闘莉王よりも大きかった!!

2012年10月1日月曜日

挑戦する脳

ここ最近、著者のツイッターで話題になったこの挑戦する脳を3回くらい読んだ。
学習する脳の機能について記載しており、人間が変わることに最大の喜びを感じる存在であると説く。
納得できる部分やはてなと考えこむパートもあるが、概ね挑戦が我々にとって良いことなのだという部分については個人的には歓迎すべき点であると思っている。

茂木健一郎著 集英社新書 740円

特に日常の挑戦というフレーズは印象的だ!!

あきらめずに今取り組んでいる事(仕事にかかわらず、書、ボランティア、料理など)に挑戦し続けよう。


2012年9月23日日曜日

大宮アルディージャ J1 第26節 コンサドーレ札幌戦について

札幌戦0-5この結果、大宮の大勝を誰が予想したでしょうか?
前半は0-0、退場者が出た後半に5得点、それもノバコビッチが大宮J1初のハットトリック。
そんな考えも及びませんでした。
心配なのは、札幌の状態です。今季はJ1復帰したものの、鳥栖が上位を走る一方で下位に沈んだまま、得失点も-50に届きそうです。
昨年の柏、今年の鳥栖、天皇杯などを見るとJ1とJ2の差が詰まってきたと見ていました。
チーム状態が良くない、北海道民の期待を背負っているので、なんとか活路を見出してほしい。

大宮はJ1に残る挑戦は続く、次のマリノス戦は大勝後の試合、3連勝がかかるホームの試合なので、しっかりと結果を求めて準備をして欲しい。

2012年9月10日月曜日

なでしこオールスター

2012年9月9日はなでしこのオールスターとカップ戦の決勝をNack5で開催された。
ボランティアとして、ゲートでサンプリング(配布)を担当した。
通常は、J1リーグのサポートをしているのだが、その縁でやってみた。
2試合の経験もなく、暑い中での活動で疲労した。

結果は、知らないのでネットでチェックすると、オールスター戦Athena(西軍)が2-1でMVPは宮間で決まり。
カップ戦(正式にはプレナスなでしこリーグカップ2012 powered byクリクラ決勝)は日テレが神戸を3-2で破り、3年連続の勝利、神戸は公式戦44試合負けなしが、久しぶりの黒星とのこと。
それにしても試合終了間際の澤のプレーはすごかった。(ヘディングポストと左サイドからのセンタリング)

サポーターと違う醍醐味がボランティアにはある。

2012年9月6日木曜日

気になること

2011年3月11日の地震で被災し、約1年5カ月仮の事務所で働いてきた。
管理職として、継続して見てきた。
昨年、出勤が5月連休明け、それなりに稼働を始めたのが8月、そして年末にはようやく外部からの監査などの受け入れができる状態になった。そして今年8月ようやく免震構造の建屋がで、引っ越しをして新しい事務所で会議室を使って、業務を開始した。
この間、引っ越しを今回を含め3回、上司も入れ替わり大きく変わっててきた。
このブログも震災を機に始めた。

それでは震災と原発問題をどうとらえるか?
業務上は依然として、海外向け製品には放射線測定が課せられている。

これからブログ上で考えた/いることをまとめてみたい。

最近、気になる本”挑戦する脳”(茂木健一郎)を読んだ。

2012年9月4日火曜日

J1 第24節 浦和レッズ戦

先週の土曜日はさいスタでダービーを観戦した。
レッズがほとんどゲームを支配し、大宮が引き分けに持ち込んだのは奇跡的だった!!
ダービーには、なにかいるのか?
得点者は、フル代表に呼ばれたレッズ原口のグレートゴール とU23オリンピック帰りの東これもエクセレントゴールであった。
レッズは攻めに攻めたが、大宮の守り5-3-1のブロックを結果的にスコアで攻略できなかった。
しかしながら、実際は3回もバーとポストに直撃しており、運がなかったのが本当のところだ。
一方、J2降格圏で後のない大宮は先取点を奪いながら、その後大量点で負け続けていただけに、立て直しに向けて貴重な引き分け勝点1となった。

ワントップの長谷川はブロックの際に高めに位置して、レッズのパスコースを限定し、パスレンジを拡大したのに役立った。交替した選手はハーフラインより下がり目であり、攻撃をまともに受けたが、レッズの疲れによるパス精度が落ちており、助かった形になった。ポポにしても、宇賀神にしてももう少しやり方があったのではないか?
平川は機能したように見えた。

それにしても浦和のコレオグラフィーはやはりスゴイの一言につきます。

2012年8月25日土曜日

早起き

8月は暑い日が続いており、寝苦しい。
そうすると必然朝が早くなる。
週末、単身赴任先から自宅に帰るのだが、目覚めて何をしようかということになる。
新聞が手っ取り早く郵便受けにいくのだが、届くのが遅い。
もんもんとすることになるのだが、そこでこのブログ入力しているわけである。
まだまだ、暑苦しい日々が続く。

Call me at this number anytime.
Call me at this number between 9:00 and 9:02.

おとなの英会話より。

2012年8月21日火曜日

2012夏季休暇明け

今年は、8月11から19日まで飛び石で4日間の休暇を取った。

まずは女房の父といもおと家族とお義母さんお墓参り後、浦和の萬店でうな重を食べ、そのうまさに感激。
次に来春に控えた娘の成人式準備で深谷在住の親戚のおばあさんのお宅を訪問し、和服の状態の確認と着付けの下調べ。
仕上げには女子ワールドカップのブラジル対イタリアの駒場でのオープニングマッチを観戦した。

図らずも女性に関するイベントに数多く接したが、女性の幅広い活躍の場を見て感心しきりだった。

2012年8月8日水曜日

ロンドンオリンピック

佐々木なでしこジャパンはフランスに勝ち越し、関塚ジャパンはメキシコに逆転負け。
事前の練習試合では、逆が勝者だったことを考えると敗者は相当、研究を積み対策を練ったとみえる。
そう考えるとおもしろいのだが、実際ここまでくると中2日でずーっとゲームが入っていたので、相当疲労がたまっていたのだと思う。
オリンピックやワールドカップのような競技では怪我と疲労対策が必要だ。
日本男子には経験値が少なく、南アフリカでも決勝1回戦でパラグアイにPKで敗れた。

なにごとも経験か?

というものの、日本女性の強さはなんだろうか、メダルの数・メンタルすべてに日本男児を上回っているのはないかと考えたりする。

そういえば我が家もお姉ちゃんと女房が息子と私より優位?

ガンバレ日本!!残りあと4日だ。

2012年8月6日月曜日

エアコンに感謝

今日帰ってエアコンをつけると水が滴っている。
以前にも同じ現象から家主にクレームしたことがあったが、同じ症状だ。

いつもエアコンが普通にあるので、涼しく過ごせているのだ。
ありがたい。
家にいる時間は短く、会社が長いのでそれほど不自由を感じることはない。

ただし、寝苦しいと思う。

エアコンに感謝です。

2012年8月5日日曜日

J1 20節 ガンバ大阪 VS 大宮アルディージャ戦

8月4日午後9時スタート万博でのガンバ対アルディージャ戦に行ってきた。
大宮駅西口を7時にスタートし、新東名、東名阪から名神経由で大阪に入った。
途中、浜松SAでウナギのおにぎりとうどんの昼食をとった。300円のおにぎりは、ウナギのかば焼きが入っていたが、それほどおいしいものではなかった。
大阪到着後は、箕面で紅葉の天ぷらを、万博競技場のそばでフルーツ餅を購入した。
ガンバでは最後に万博競技場でGドック(肉まんみたいな食べ物 売りは餃子のG)、ホルモン焼きそば(お肉がホルモン焼き)をゲットした
食い倒れの街だけあって、食も工夫がされており、興味深かった。


試合はといえば、1-3で敗戦だった。
大宮にもいたレアンドロにPKとカウンターで2失点、守備には同じく丹羽がおり機能していた。
先取した1得点の実時間時間を除いて、大宮は攻めも守備もうまく機能していなかった。
選手には意地を見せてほしかった。戦う姿勢をもっと見せて欲しい。
順位も下位に甘んじており、勝ち点50の目標が霞んできた。
鹿島、川崎、G大阪と先取点後の失点が続いており、この課題を克服する必要がある。攻撃と守備のバランスを改善する必要がある。
選手には勝ちたい気持ちを試合で前面に押し出して欲しい。


がんばれ!!
大宮アルデージャ

2012年8月2日木曜日

他事業所の同僚来場

2年半前の同僚が、業務の技術習得のために来場した。
久しぶりに話し、終業後は軽く一杯。
たまにこのような交流も必要だ。
付き合ってくれた関係者に感謝だ。

良い情報が届いた。
息子が今日のゲームでハットトリックを達成。
浦和東VS大宮光陵(7-0)
おれも頑張るぞ!



2012年8月1日水曜日

バトミントン

終業後に近くの体育館でバトミントン、慣れていないせいか?
2時間の中でプレイした時間は短いものの、筋肉が疲労しているのが、自分でわかる。
運動不足だ!!

継続はちから少しずつ体を慣らしていきたい。

バトミントンは、多くある競技の中でハードな部類に入ると思う。

今日から息子のサザンクロスカップ、秋葉総合グラウンド、後半から出場との情報。
公式戦にはあまり縁がなかったので、日ごろの頑張りが認められたのだろう。

チャンスをものにしてほしい。

8月1日につづいて、今日8月8日も清原体育館でバトに参加した。小一時間であったが、良い汗をかいた。
反省点として、思ったように羽根が飛ぶ方向がコントロールできていなかったので、面を意識すること。そして、力の強弱を意識してラケットを振りぬくこと。

2012年7月31日火曜日

なでしこ引き分けに続き!

今日はオリンピック予選のなでしこは3戦目の南アフリカ戦です。
それにしてもそれぞれの参加国には縁があります。


カナダ 会社の仕事が一区切りついた40歳にバンクーバーに昔の上司に会いに行きました。
スウェーデン・・・?
WC2010 南アフリカ ヨハネスブルクに行き、4戦を観戦しました。中にはデンマーク戦が入っています。
なでしこの監督は言わずと知れた我が息子のスクールの大宮アルディージャの志木校で校長先生のようだった佐々木のりさん、た~かし~と声が聞こえてきそう。


男子は、初戦がスペイン戦・・・・・。1-0勝利
第2戦はモロッコ戦 監督は言わずと知れたピムファーベック 大宮アルディージャの監督でした。1-0勝利。
第3戦目、今年年初に北半球一周ビジネストリップでお世話になったマリーンさんの母国ホンジュラス。まさかあたるとは、・・・。おまけに日本と同様スペインに勝利した。
関塚ジャパンにはアルディージャの東が10番だ。

サッカーとは縁深いのでそろそろスウェーデンとスペインの旅行がついてくる。
HaHaHa・・・。


2012年7月30日月曜日

交流会の効用

今日は業務終了後、関係部署との交流を持った。
場所は宇都宮駅そばのたまり酔家で11名での会合だった。
さて、その効用はどれくらいあるのだろうか?
飲みで腹を割って話すというのは、あまりなく、噂話に終始するのが世の常であり、今日はできるかぎりそこから遠い話をしていた。まずは良かった。

印象的だったのは飲み放題でトマトジュースがついていたことトムヤンクンが食欲をそそったことと最後の鰻入りのおにぎりを出汁でのばしてお茶漬けにしたことくらい。


また転職組の一人に共通の友人がいたことに驚いた。また大学の後輩がおり、ひさしぶりに母校の話ができたのは、久しぶりに懐かしかった。

行田市の進修館高校での練習試合後


29日、進修館高校へ出かけて浦和東との練習試合を見た帰り、吉見の道の駅に立ち寄った。
地粉のうどんとB級グルメの油味噌を使った小どんぶりの組み合わせを昼食にいただいた。
大変おいしく特につけ汁はかつおのおだしが効いていていた。

2012年7月28日土曜日

埼玉県知的障害者サッカー大会

埼玉県知的障害者サッカー大会(第5回大宮アルディージャOrange! Happy!! Smile Cup!!!)が秋葉の森総合公園で12チームが参加し、ベスト4が出そろった。明日はNack5スタジアムで準決勝、決勝が行われ、優勝チームが決定する。

今日も30℃を超える熱暑で、日陰もなく、選手、競技運営役員、審判、関係者もかなり熱かったと思う。わたしも、日焼けで顔・首回り、腕が真っ赤だ!

ある意味これまでのボランティアの中でも有数の厳しい環境だった。
選手の誘導、得点板とボール拾いなどが役割であったが、問題なく終了した。

試合内容は、チーム間(一部男女混合)で実力差があるものの、選手の一生懸命さが伝わってきた。
特にシードチームは、スピードも技術もあり、しっかりとしたサッカーをしていた。
うまい選手がところどころいて印象に残った。
ドリブルが上手で一人でサッカーをやっている男子学生、動きはないが、ポジションどりとキックで得点をとり、チャンスを作り出していた女子学生など、サッカー観が変わった。

色々な年代でカテゴリーでサッカーを楽しんでいる。

2012年7月27日金曜日

なでしこに続いてU23も勝利

スペインに1-0上出来だ!!
サッカーは足でやるスポーツ何があるかわからない。
ただ、逆もあるし、相性もある。
モロッコとホンジュラスがD組で戦うことになるが、そんなに簡単なものではない。
けが人もいるし、気を引き締めてゲームに望んで欲しい。
そして、決勝トーナメントで今度はブラジルと対戦する姿を見てみたい。

ただ、アトランタオリンピックのマイアミの奇跡は勝ち点6で3すくみ(ブラジル、ナイジェリア)得失点で3位で予選で終わりだった。
日本U23には、そうなって欲しくない。

2012年7月26日木曜日

おめでとう なでしこロンドン1勝目

なでしこがカナダに2-1で勝点3をゲット、良くやった。
それではD組スペインとやるU23代表はどうか、期待したい。
ガンバレ日本!!

今日、日本語⇔英語⇔ロシア語を業者監査で経験したが、非常に難しいし、時間がかかる。
せめて英語⇔ロシア語ぐらいにすべきか、・・・。

2012年7月24日火曜日

単身赴任の料理

先週末、女房の立ち合いで2年半にして冷蔵庫と電子レンジを購入した。
これを機に料理を始めた、ご飯を炊いて、お味噌汁を溶いて、豆腐か納豆、おしんこ、体に良いとサラダをつけるのだが、・・・。
初めに作るグリーンサラダの量が多いこと、一人のご飯をつくるのは大変だ。
やはり4名くらいが効率的かな、・・・。
と感じている。

ちなみにご飯は多めに炊いて、冷凍することにした。
まてよなかなかご飯が冷えてくれない、これでは凍らせるまでの時間が・・・・?

料理は、レパートリーを増やしていきたい。

2012年7月23日月曜日

死生観

日本人は何を考えて生きてきたのか 魂のゆくえををみつめて~柳田国男 東北をゆく
NHK教育で番組をやっていた。
民俗学を育んできた柳田が東北のフィールド研究を経て遠野物語を書き、その中には震災で起きた津波の実話なども含まれていたことが明かされた。その後の大戦により亡くなった若者の魂のゆくえを折口信夫と議論したことが語られていた。

日本人の死生観や宗教観が語られていた。
あの世とは、お盆に帰ってくる信仰などなど・・・。
お天道様が見ているとか顔向けができないという言葉を使うが、なにか見られていると感じているのは日本人全般に見られるのだと思う。
恥だとか倫理だとかにつながる部分なのか。

これがキリスト教のように1神教を信じ、バイブルに手を置く契約を中心とする国民と違う部分なのだろうか。
遺体に対する日本人の思いも米国民にはわからないだろ、過去にハワイ沖で潜水艦にぶつかられて沈んだ航海訓練船で海底からの引き上げで考え方の違いが露わになった。


柳田は1962年に死去している。残された著書を読んでみよう。

2012年7月22日日曜日

オリンピック出場選手に思うこと

TVでオリンピックに出場するなでしこの丸山、レスリングの浜口や水泳の寺川らの特集をやっていた。
生半可なことでは代表にもメダルにも手が届かない、いろんなことを我慢して精進した結果として、出場の権利があたえられるのだ。
それでもまだメダルには届かない。
自分を振り返るとまだまだ足りないことが多く、アイデアで解決できるレベルではない。
スキルを身に着け、専門家としての地位を固めたい。

また、同期入社で起業した友人の会社の決算発表をネットで見たが、相当な苦労と人間的な魅力で得た成果のようだ。
まだまだ先は長いと思うが、こころから応援したい。

極限で戦っている姿は心を打つ、さて僕も頑張ろうと決意した。

2012年7月18日水曜日

二十歳の誕生日

今日は娘の記念すべき20回目の誕生日だ。
成人となった彼女は大学生で、年金の支払も発生するようだ。

ちなみにささやかながら、お赤飯と特別な料理を女房が作ってくれている。
というものの彼女は九州に単身で暮らしており、食べるのは彼女を除く3名であるのだが、おめでたい。
お盆には1週間弱帰省する。
その時は改めて、お祝いだ。

自分の20歳の誕生日も大学だったが、あまり鮮明には覚えていない。
そんなものなのかもしれない、せめて電話でお祝いでも言うことにする。

出張と感謝

今日は、浦和の自宅から宇都宮に出社して半日働き、午後からは東京にあるグループ会社の本社で打ち合わせの予定だ。

先週末から自社他事業所で出張という形で働いている。
モバイルPCがあるので、出先で簡単なメールチェックなどの業務をすることもできる。
ただし、生活パターンは通常と異なる。
理由は簡単でベースが単身赴任先の宇都宮と自宅の浦和を使い分けているからだ。
これには、周りの協力なしにはこれも限界がある。
上司・同僚・家族に感謝しなくてはならない。

出張には、新しい出会いや再会がついてくることが多く、楽しみでもある。

2012年7月16日月曜日

J2 第24節 栃木SC VS 町田ゼルビア戦

7月15日(日)3連休の中日に栃木グリーンスタジアムにJ2のゼルビアを見に出かけた。
ホーム初戦(2節: 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場 )の敗戦だったアビスパ戦以来の観戦だ。
徒歩約10分のCanon駐車場が無料解放されており、シャトルバスもあるようだ。
アウェイゴール裏に陣取り、練習の模様から目前で楽しめた。

期待していたゼルビア6番の太田選手はボランチでの出場、期待にたがえぬヘディングの強さやパスの供給などしっかりと働いていた。

しかし、試合はちょっとしたほころびから1失点し、敗戦となった。
残念だが、均衡した試合のフットボールのゲームでは一つのミスが命取りになることがある。
ゼルビアはパスも組み立てもしっかりしていたので、次はシュートにつなげて得点し、勝利につなげてほしい。

ガンバレ!!ゼルビア

ちなみ終了後、宇都宮の街に出て、長崎五島のうどんを食べた。
味はあっさりとしていて、麺はソーメンとうどんの中間くらいの太さで美味しかった。

J1 18節 後半戦スタート

7月14日(土)はNack5で大宮VS神戸の試合をサポートした。
この試合は手話応援のゲーム(3年目)ということでホーム追加ゴールエリアに1500名の賛同者を集めて行われた。
ダイバーシティーといわれるように多様な方が楽しめるようになってきたのは、歓迎すべきことだと思う。
聴導犬を連れている方、車いすでの来場者や聴覚障害者などもおられ、これまで対応したことのない状況を経験した。今後に活かしていきたい。

試合結果は神戸に先行され、逆転するも、最後に追いつかれて、2-2の同点であった。
成果としては、後半に向け、大宮の生え抜きの清水慎太郎と渡部の得点が明るい材料だ。
ロンドンオリンピックに参加する東の壮行も兼ねていたが、・・・。

大宮は順位が低迷しており、奮起が求められる。

2012年7月13日金曜日

7月12日の交流会

7月12日の終業後、前日に続いてラシェネがで交流会があった。
今回の趣旨は、GMP関連のコーポレートQAとローカルQAで課題を共有化した後に持った。
久しぶりに依然の上司と初めての品質保証の役員と部長らと意見交換した。
やはりアルコールが入るとみなさんリラックスするようで、約2時間の楽しい時間だった。
といっても私は下戸なので飲まない。
私用のスペシャルドリンク(トマトにジンジャーエールにライムを加えたもの)を提供してくれた。
当然メニューにはないのだが、・・・。

2012年7月12日木曜日

宮崎・綾町ユネスコエコパークへ

うれしいニュースが届いた。
私の出身地の宮崎にある綾町が、ユネスコエコパークに登録された。

22年ぶり日本での5例目ということだ。

2012年7月11日水曜日

今日の終業後

仕事が終わり、会社の懇親会に参加した。
場所はラシェネガで20名程度での貸切パーティーでした。
初めて話したメンバーもおり、有意義な時間が過ごせた。終了は9時くらい?
特にサッカー仲間が2名も増えたのが、収穫でした。
2次会は宇都宮東口の魚民で11時過ぎまで10名で過ごした。
もっぱら人材育成と働き方についてを議論した。

なんと明日もシェネガで交流会がある。
年末から足が遠のいていたが、週内に連荘で2日とは縁があるのだなと感じています。



2012年7月10日火曜日

娘の帰省

娘は大学2年生だが、夏の帰省をどうするか迷っているようだ。
ちょうど8月のお盆の時期だが、逆方向なので空席はある。
私のマイルを使う予定なので、トップシーズンなので効果的である。

それにしても、私が学生の時と違って、夏に授業やテストもあるようで大変である。
私が学生時代は30年まえは7月初旬から9月初旬にかけて2カ月たっぷり休暇があり、10月は試験後の休みが1カ月もあった。ちなみに日本一休みの多い大学であったらしい。
今はどうかしらないけれど。

まあ、夢(幼稚園教諭/保育士)の実現に向けて頑張ってほしいものである。

2012年7月9日月曜日

残業と人間ドック

今日は、先週の”休暇のつけ”と担当会議のため、忙しい一日になった。
朝7時過ぎから夜9時までまことによく働いた。

すべては自分に戻ってくるので、体力が続くうちは苦にはならない。
仕事も遊びのような部分もあり、結構楽しめるものだ。
まだ、余裕があるのかもしれない。

休暇は、人間ドックに行くために取得した。
どんな結果がでるか、楽しみだ。

2012年7月8日日曜日

クラブ活動

企業の中には同好の士が集まる会があるものです。
今日初めて、バドミントンに参加しました。
バトミントンの経験はないのですが、体を動かしたい一心で参加しました。
月2回のようですが、ほかにもテニスもあり、そうなると月に4回はラケット競技を楽しめそうです。
ラジオ体操以外に運動習慣をつけていきたいと考えいています。

ほかには散歩もしていますが、ジョギングはまだやってません。
10~20kmコンスタントに走れるよう、またマラソンにも挑戦したいと考えています。

ただ、これからは日中は厳しいので、運動するのであれば、早朝か夜ですね。


父母交流会

7月7日(土)七夕の日にさいたま新都心駅前の”月の雫”に同学年の部活の有志の父母会があった。人数は30名近く約6割程度があつまたことになる。その中でもお父さんは5名、やはり部活などの子供の活動はお母さん方が支えているのだ。
毎朝、早起きしてお弁当を作り、汚れものを洗濯して、部活に間に合わせる。

いったい彼らは。そのことに対してどう考えているのだろうか?
我が愚息は、日常を観ているとどうも母親と距離が近すぎて、感謝しているようには見えない。
土井健郎”甘えの構造”という本があったが他人依存的自分があるのだろうか。

ただ、自分を省みても中高時代は、同じようだったと思う。

今後は高校選手権や来年に向けた活動が徐々に始まる。
彼らのサポートを続けていこう。

2012年7月3日火曜日

昔の仲間

2年半前まで一緒に働いていた同僚と会話した。
皆さん当然のことながら、状況が変わっているようで、懸命に仕事や家庭のバランスをとっているようだった。
中にはダイエットで2カ月で8kg落とした者もいた。
お母さんになって子育てにどっぷりの者や産休中の者もいた。
それぞれ皆さん人生の各ステージを生きていた。

ロンドンオリンピック代表について

18名のロンドンオリンピック代表枠に大宮の東が残った。最近調子が今一つだったので、ほ~とした。
宇佐美貴史も選ばれなるほどと思った。一方、原口、水沼が選から漏れた。ちょっと残念だ。オーバーエージの吉田麻也には期待したい。


女子では、丸山と岩淵が選ばれ、怪我もありどうなるかと思っていた。
まずは順当な選出になったと思う。

がんばれニッポン!!

2012年7月1日日曜日

週末の過ごし方

実をいうと一人で生活したことはない。
いつも部屋には家族がいた。学生時代も下宿に続いて、壁を隔てるとそこには友達がいる世界に住んでいたし、会社勤めも結婚までは集合寮だった。
したがって、厳密な意味で一人暮らしはこの歳まで経験したことはない。
特に週末は家族の時間に充てていた。
子供も成長し、ここのところ週末はサッカーボランティアを中心にしている。
他には、たまの息子のゲーム観戦や学校行事への参加などだ。
それにしても50週の週末100日の内20日程度、それではどう過ごすか?

どう自分の人生を生きるかにかかっている。
会社での世の中のかかわり方はあたりまえ、他には何で貢献する?

作るをキーワードに考えているところだ。

2012年6月25日月曜日

2012年高校サッカーインターハイ予選準決勝さいたま大会

6月23日(土)Nack5で武南対浦和東を観戦した。
結果は、武南の3-2(前半0-2)であった。
幸先良く浦和東が2点を相手ミスから先取したが、後半足の止まった浦和東から武南の8番がヘディングで2点、次に7番が左足で逆転した。

大館訪問

6月13日(水)に宇都宮から羽田を経由しANA789便で大館能代空港へ、タクシーで佐金酒店で霜とでしか手に入らないというお酒を2本購入し、宿泊予定のホテルクラウンパレス秋北に到着した。ちょっと近所を散歩するとバラ祭りを開催中であった。残念ながら、終わっていたが、そして食事までの間、街を歩いてみた午後8時ころから最寄りで”きりたんぽ鍋・比内鶏の親子丼”など夕食をいただいた。
6月14日は仕事後は、翌日のディナーは同ホテルの最上階のレストランプラシャティでいただいた。
6月15日最終日の仕事の前に、朝は早起きして、サンクスのコーヒーを片手に東大館駅、大館駅を回った。
朝からちょいと疲れた。
ANA790便で羽田を経由し、自宅の浦和に入った。

2012年6月13日水曜日

大館能代へ

6月13日から16日にかけて出張(いわゆるビジネストリップ)で大館に出かける。
宇都宮から東京駅を経由して、羽田から大館能代に至るルートで宿泊予定は秋北ホテルだ。
準備を怠らず、しっかりと業務を遂行してきたい。
途中で、下着とシャツをユニクロでゲットするつもりである。このルートだと東京駅構内のユニクロが便利か。

2012年6月12日火曜日

ブラジルワールドカップ最終予選 第3戦 オーストラリア戦

今日は、家で録画観戦と計画したのだが、残念な結果だった。

帰宅してビデオチェックしたら、録れていない肝心のオーストラリア戦、ちょっとがっかり。
でもNHKのニュースで見るとアウェイで引き分け、まいいか!というところ、ホントは勝点9でブラジル間近といきたかった。


女房から連絡があり、レッドカードやイエローが飛び交い、判定への不信感もあったとのこと。
やはり、最終予選そうは問屋が・・・・・ということか。


ゲームレポート1:goal.com
ゲームレポート2:ロイター





2012年6月10日日曜日

高校生フットボール事情(通常の日曜日)

今日は高2(浦和東)の息子のサッカーの練習試合を浦和北高で応援した。
小学校から女房と息子の追っかけをしている。
我が息子の高校は3部制(トップ、サテライト、ユース)となっており、息子は真ん中のクラスにいる。
今日は1試合目の前後半を左サイドバック、3試合目の後半20分からボランチで出場し、双方の試合ともに良く点に絡んでいた。
3試合目は中盤の底から一人で持ち上がり左足でゴール右下隅に1得点で他に3得点を演出していた。
久しぶりにプレーを見たが、進歩しているなと感心した。

昨日からインターハイ予選が始まり、いよいよ16日からトップのインターハイ予選(大宮南高校戦)が始まる。
トップチームなので我が息子は試合運営のサポートになる。

2012年6月8日金曜日

ブラジルワールドカップ最終予選 第2戦 ヨルダン戦

6月8日(金) 埼玉スタジアム2002で ブラジルワールドカップ最終予選 第2戦 ヨルダン戦が行われた。
今日はTV観戦、チケットは息子に譲り、女房と2人で観戦にいっているはずだ。(一緒にみたとのこと;確認した)
ヨルダン戦結果は、6-0(前半4、後半2)であった。
本田ハットトリック、前田が前回オマーン戦に続いて得点、香川と栗原が初得点で大勝した。
アジア大会で2度(ジーコ、ザック)対戦し、それぞれ1-1引き分けを考えると出来過ぎかと思う。


日本の良い面は2連勝で勢いがついているところか。
勝って兜の緒を締めよ!


息子の弁:長友・内田は良く走る、香川は意外性のあるプレーが多いそうだ。



今日は、行きたかったな~。本音!!

12日の豪州戦への不安材料は、途中交代の吉田と最後動きがおかしくなった香川か。

オーストラリアがアウェイでのオマーン戦なので、長距離移動という点では同じだが、日本は3戦目で疲労はピークかもしれない。

女房より入手今日の埼スタ


宇都宮宴会事情(4)

6月8日(木)に職場の同僚7名で琉球酒場へ行ってきた。
予約は飲み放題・コースなしで一人頭の費用は、約5千円 約3時間ほど滞在した。
空いており利用者がなく、メニューを頼むとすぐに出てくる状況だった。
メニューは沖縄料理を基本にしており、雰囲気は沖縄だった。 

飛行機で世界一周(2)


仕事でオランダ1サイト、米NY2サイト、LA1サイトを回る業務が発生し、2月15日(水)から2月26日(日)の間に10泊12日のビジネストリップを経験した。

使用した便は下記の通りだ。
結果として、日本を出てヨーロッパ、そしてアメリカ東海岸を経て西海岸から日本に戻る北半球を1周することになった。

①成田                   NH0207 12時間15分 B777
②ドイツ(ミュンヘン)           LH2310  1時間35分 
③オランダ(アムステルダム) CO0125 9時間10分
④ワシントンダレス国際空港  CO4956 1時間29分
⑤オールバニー                  UA3668 2時間27分
⑥シカゴオヘア                   UA0651 4時間30分
⑦サンタ・アナ                     車移動
⑧ロサンジェルス                NH0005 11時間55分 B777
⑨羽田

費用スターアライアンス世界一周 \313,600 \67650(TAX) 2012.01.31発券
滞在先 Amsterdam4泊、Albany4泊, LA2泊 世界一周は11日必要だった。


③アクティビティー:アムステルダムでは、
木曜日は会社の上級職を待つ、待機日だったが、ヨーロッパリーグの開催日だったので、ホテルのコンシェルジェにチケットの手配を頼んだら、驚いたことにすぐに手配してくれた。
電車の車内

アヤックスのスタジアム


なんと幸運なということでアレナに向かいマンチェスターユナイテッドとアヤックスの試合を観戦した。
満員で最高の雰囲気だった!
トイレ
雰囲気が素晴らしく、日本のフットボール文化との違いを肌で感じた。それにしても警備は日本と違い装甲車が配備されており、ものものしい。ただ、馬の警官はいいかな!
男性用トイレにもびっくり!!









金曜日はビジネスでユトレヒトへ
運河めぐり はね橋
土曜日がオフだったこともあり、運河めぐり国立博物館ゴッホ美術館、早朝散歩の途中でひょうなことから飾り窓のある区域に迷い込んだ。ある意味なかなか見れないので、幸運だった。
運河めぐりより
飾り窓 早朝なのに?





2012年6月6日水曜日

飛行機で世界一周(1)

仕事でオランダ1サイト、米NY2サイト、LA1サイトを回る業務が発生し、2月15日(水)から2月26日(日)の間に10泊12日のビジネストリップを経験した。

使用した便は下記の通りだ。
結果として、日本を出てヨーロッパ、そしてアメリカ東海岸を経て西海岸から日本に戻る北半球を1周することになった。

①成田                   NH0207 12時間15分 B777
②ドイツ(ミュンヘン)           LH2310  1時間35分 
③オランダ(アムステルダム) CO0125 9時間10分
④ワシントンダレス国際空港  CO4956 1時間29分
⑤オールバニー                  UA3668 2時間27分
⑥シカゴオヘア                   UA0651 4時間30分
⑦サンタ・アナ                     車移動
⑧ロサンジェルス                NH0005 11時間55分 B777
⑨羽田

費用スターアライアンス世界一周 \313,600 \67650(TAX) 2012.01.31発券
滞在先 Amsterdam4泊、Albany4泊, LA2泊 世界一周は11日必要だった。


①アクティビティー:
日本の航空会社は、食事のサービスレベル、航空機内のエンターテイメントも充実している。機材も新しくエコノミーでも快適だった。待ち時間もラウンジを利用でき、充実した飲食物に満足した。
特にお蕎麦とおにぎりはありがたかった。
②アクティビティー:
スターアライアンス系でミュンヘンでルフトハンザに乗り継ぎアムステルダムに向かったが、使用する飛行機が雪のせいか遅れており、定時よりかなり遅れてくたびれた。
日本に慣れている身からするとオンタイムが当たり前で時間単位での遅れは困ったものだった。ラウンジはルフトハンザも椅子、食事充実はしていたが、なにせ疲れており十分な楽しみが味わえずに残念だった。

宇都宮宴会事情3

5月16日懇親会で宇都宮駅西口そばの壱弐参を利用した。
会社の給食施設イートランドさんとのつながりで初めての利用で、7時過ぎから貸切だ。
約20名の人数に対して手頃な大きさ、飲み放題でも、すぐに注文したものが出されてストレスもなかった。
漬物の盛り合わせと出し巻き卵(卵焼き?)は上手かった。

2012年6月5日火曜日

ブラジルWC予選 オマーン戦 6月3日

試合開始前日本ホーム側
この日は、なでしこの試合後にボランティア仲間を2名連れて、さいスタのときに良く使う予約駐車場にむかった。午後4時過ぎに到着するも、あまりの人の多さに並ぶのを断念した。
大宮のブースに向かい、塚本アンバサダーと一緒にパチリ、そして握手。皆さんに支援頂いたお礼のためにブースにいたようだ。

5時半過ぎに入場し、チケットフォルダー入りのサンプリングを受け取った。すでに前は埋まっており、スクリーンすぐそばの後ろ目の席を確保した後は、コンコースでまずはプログラム1000円、次に女房の好きなGK川島永嗣のタオルマフラーを1890円(?)でゲット、さすがに地元売れ行きも良いらしく、在庫が少なくなっていた。つぎに彩の国黒豚丼とおにぎり弁当を各500円を購入し、カテゴリー5南のゴール裏の女房の待つ席に戻る。



試合結果は、3-0で日本の完勝、良くを言えば、宮市を見たかった。
目の前で4本田のゴールを見れたのは、感動モノだ!この男 何かを持っている。
18の前田はすごくいいなと再認識した。


http://atsushi2010.com/archives/1626 アシシブログ:入場者数 63,551名

日本サポーター素晴らしい

なでしこリーグ8節 エルフェン狭山 VS アルビレックス新潟

10時からボランティアに参加した。
試合結果はスコアレスドローであった。
狭山は、お世辞にも新潟よりうまいとは言えなかった。
内容は、ボールの支配率やシュート数など新潟が勝っていたと思う。
しかし、何とか粘り引き分けという結果になった。
順位は勝点8(2勝2分け)の7位(10チーム)であり、悪くない成績だ。

一方新潟は、5位と上位をキープしている。

2012年5月29日火曜日

天候について 大荒れ東日本

土砂降りだった今日、明日天気にな~れ。

It`s really coming down today, isn't it.
I hope it clears up tomorrow.

大宮Ardijaは大変なことになっている。
鈴木監督が退団する。負けが続いているので、いつかとは思っていたが、・・・。

ビックリ!!

J1 11節 鳥栖戦

 今回の行程は、浦和の埼京線始発に乗り京浜東北赤羽から浜松町へ、そこでモノレールに乗り換え空港第2ビルへ到着した。60ゲートから入り、本館北のラウンジを使いANA241便7:30発にのり、福岡空港ターミナル2へ到着した。
ラウンジは、飲み物が充実し、快適だった。

福岡空港

ベストアメニティースタジアム鳥栖駅からすぐ
スタジアムへの行程は、羽田から福岡空港へ、地下鉄を使い天神で降り、博多駅からJR九州快速で鳥栖まで移動した。そこにはベストアメニティースタジアムがJR鳥栖駅に隣接しており、電車を使ったアクセスには便利であった。一方、周辺にはコンビニ以外には、何もなかった。 




栃木から2012シーズンは鳥栖へ移籍
試合結果は終了10分前に1点を大宮が獲得したが、アディショナルタイムに追いつかれ1対1の引き分けに終わった。得点が終盤で私を含む大宮サポーターは勝てそうだなという雰囲気だっただけに残念であった。しかし、前半の攻防で攻め込まれバーをたたいた場面を考慮すると妥当な結果だともいる。
やはりプロ 運だけでは勝てない。
鳥栖サポーターの立場では、最後の最後で追いついた展開だけに喜びは大きかったのではないか。

売店めぐりコンコース一周可能だ!
代表戦みたい
翌日は、今年亡くなった従兄のお墓参りを両親と車で「訪れ、その足で伯母を見舞い実家に帰宅した。

終了後、JRから地下鉄と乗り継ぎ福岡空港第1ターミナルからANA4957 1時間遅れの18:25発 2階D ゲート  宮崎空港へ向かい、残念なことに使用機材の到着が1時間遅れた。
その日は宮崎の実家に宿泊した。

宮崎からは、空港ではワイン キャンベルアーリー \1155、焼酎松の露 \970 を購入して、5月14日に2階11 ゲート SNA58 13:40発で羽田へソラシドエアを使って、自宅に戻った。そして単身宇都宮へ旅立った。

そして、ソラシドエアの長崎ちゃんぽんキャンペーンでちゃんぽん餃子セットを5月17日に宇都宮でいただいた。430円手ごろ感があり、それなりに美味しかった。

2012年5月27日日曜日

なでしこリーグ 7節 伊賀FC戦

5月27日日曜日は、Nack5スタジアムで なでしこリーグの7節エルフェン狭山-伊賀FCくノ一戦をサポートした。

結果はホームの狭山2-0であった。天気も良く、入りは約1100名程度で前回の有料試合のレッズ戦2千名に比べ、無料試合だっただけに残念なところ。

正直、狭山・伊賀どちらが勝ってもおかしくないと思った。

伊賀は三重からバスで来場したようだった。費用の面もあるのか移動も大変だと感じた。

J1 第13節 ジュビロ磐田戦

ヤマハスタジアムでジュビロ戦を観戦した。
自宅を8時に出て、首都高を経由し、新東名を経て磐田へ、首都高の事故や海老名までの渋滞で13時に待ち合わせの磐田駅に到着した。
そこからスタジアムへは近く、近隣の駐車場に千円/台で駐車させてもらった。
昨年は、出張帰りに立ち寄りいい思いをさせてもらった。

しかし、今年はそのお返しか0-4での完敗であった。どこも良いところはなく、ジュビロの選手の良いところばかりが目立った試合であった。

これから中断に入るので、Ardijaには立て直してほしい。

終了後には、仲間と浜松餃子を味わった。
店名は”小白”、ナビがないとおそらく行けなかったと思う。
宇都宮餃子とは違い、もやしのつけたしが珍しかった。
値段は手頃な380円(8個)で、お酢と醤油は事前にブレンドしてあった。ラー油はからかった。

2012年5月25日金曜日

コクうまサラダうどん

昨日、ウォーキングを兼ねて”はなまるうどん”で期間限定のコクうまサラダうどんを夕食にとった。
宇都宮峰の県道123号線沿いの宇大前店だ。
うたい文句は緑黄色野菜の量が半日・一日と選べ、単身赴任者にはうれしい内容だ。
ちぎりレタスに千切り人参とかぼちゃ、オクラとささみ、うどんのつゆに胡麻ドレッシングという構成で冷やしうどんで美味しかった。
半日の野菜と中うどんで504円でおなかいっぱいになった。


7月10日今日も半日の野菜と小うどんで390円、腹八分でした。

2012年5月22日火曜日

ブラジルWC最終予選 6月8日ヨルダン戦のチケット


残念ながら、1回目のヨルダン戦はゲットできていない。再チャレンジだった。

2014ブラジルWC最終予選 6月3日オマーン戦のチケットに続いて6月8日のヨルダン戦を女房と二人分ゲットした。
場所は第2希望のカテ5南の席だ。

ゆっくり見れる指定が良かったのだが、またもや同じ場所だが、まいい確保するのが大切だ。
国内の公式フル代表戦を入手するのは大変だったが、再申し込みでゲット。
よかった。

楽しみにしている。

がんばれニッポン!
ブラジルに行きたいものだ!!

2012年5月9日水曜日

J1 9節 神戸戦

5月3日木曜日にホームズスタジアムのJ1 9節 大宮対神戸戦の観戦に行った。
中央道から名神道を経て神戸に入った。








試合開始までの間に、まずは三宮駅そばの風見鶏の館へ異人館が立ち並び初めての訪れた。ここもゆっくりと訪ねたいスポットだ。




次にJR住吉駅そばの菊正宗酒造記念館で無料ツアーに参加した。酒造りの道具が醸造のプロセスに沿って並べられ、日本のアルコールの歴史の一面に触れた。
ただ、残念なことに私はアルコールは体質で飲めないので、利き酒には参加できなかった。
同行のメンバーは、利き酒そして買い物もして楽しんだ。
お薦めスポットの一つだ。

その後、三宮駅そばのポートアイランドのUCCコーヒー博物館に向かった。入館料も手頃の大人210円でコーヒークイズが楽しい。正答により、コーヒー博士認定証から来館記念証が写真入りでもらえる。ゆっくりと楽しみたい人は喫茶コーヒーロードで本格コーヒーが味わえる。
時間をかければ、コーヒーについての学習ができるコーヒー通にはお勧めスポットだ。
そして最後に、例年通り南京町へ行き、楽しんだ。



                                                                                                                          そしていよいよスタジアムグルメのカレーを手にアウェイに入り、わくわくした気分で観戦を始めた矢先に目の前で1点をヴィッセル神戸に奪われた。敵ながらあっぱれ13番小川慶治朗、良く狙っていたね。













試合後、お疲れモードで家路についた。
総移動距離は往復で1200kmを超えた。

2012年4月24日火曜日

オリンピック組み合わせ決まったぞ!!


がんばれニッポン!!

U23日本代表はスペイン、モロッコ、ホンジュラスと同組
試合日時と場所は、下記

7月26日(木) 12:00
スペイン 対 日本Hampden Park, Glasgow
7月29日(日) 19:45
日本 対 モロッコSt James’ Park, Newcastle
8月1日(水) 17:00
日本 対 ホンジュラスCity of Coventry Stadium, Coventry
※準々決勝:8月4日(土)、準決勝:8月7日(火)
3位決定戦:8月10日(金)、決勝:8月11日(土)
なでしこはF組 カナダ、スウェーデン、南アフリカと同組
試合日時と場所は、下記
7月25日(水) 17:00日本 対 カナダCity of Coventry Stadium, Coventry
7月28日(土) 12:00日本 対 スウェーデンCity of Coventry Stadium, Coventry
7月31日(火) 14:30日本 対 南アフリカMillennium Stadium, Cardiff
※準々決勝:8月3日(金)、準決勝:8月6日(月)、3位決定戦/決勝:8月9日(木)
みんなで楽しもう!!

2012年4月23日月曜日

平成24年度 高校サッカー関東大会 埼玉県予選

4月22日に平成24年度 高校サッカー関東大会 埼玉県予選 準決勝2試合目を見に行った。

結果は、正智深谷 対 浦和東 2-1であった。
前半、浦和東が正智深谷のミスから1点を先取したが、後半に正智深谷がPKで1点、終了間際にコーナーから1点をとり正智深谷が競り勝ち決勝に駒を進めた。
新1年生の応援も初々しく、楽しい時間が過ごせた。

決勝は、本命の西武台を下した武南と正智深谷との対戦となった。
関東大会もはこの2校が出場する。

さいスタ第3グランド


2012年4月22日日曜日

J1 第7節 浦和レッズ戦

4月21日さいたまダービーについては、ニュースなどですでに報道されている。
ホームの大宮が2-0で勝利した。
実をいうとNack5スタジアムではアルディージャは勝率は良くなく、どうなるかと考えていた。
結果は大宮ファンにとっては期待以上であった。
しかし、後半はレッズが相当押していたようだ。

スタジアムの試合外でも様々な事件があり、J1日本で唯一の同一市内のダービーで熱い戦いが繰り広げれれていた。
J1で相互の誇りをかけた戦いが続いていくことを望む。

残念なことに放送はスカパーのみで地上波やBSでなかったのは残念だった。
ただし、NHKはラジオで放送してくれていた。

2012年4月19日木曜日

タイヤ交換と今週末(4/21)の楽しみ

雪の降る地方では冬にはスタッドレスタイヤをつける。
年末に装着し、雪のない時期にノーマルタイヤに付け替える。
スタッドレス2シーズン目だが、桜の終わる本日ようやくタイヤを履き換えた。

スーパーオートバックスで2500円であった。
以前さいたまで交換したが、6000円だったことを考えると半額以下、満足だ。

これで一つ懸念事項が減った。

週末は、アルディージャとレッズのさいたまダービーが待っている。

明日は早めに自宅に帰宅しよう。

2012年4月17日火曜日

ブラジルWC最終予選 6月3日オマーン戦のチケット

2014ブラジルWC最終予選 6月3日オマーン戦のチケットを女房と二人分ゲットした。
場所は第3希望のカテ5南の席だ。

ゆっくり見れる指定が良かったのだが、初めての本格的な国内での代表戦なので、文句はない。
これまでは、キリンカップやU23オリンピック代表などは容易に取れたが、国内の公式フル代表戦を入手するのは大変だった。
海外のほうが、楽に取れていたくらいだ。

楽しみにしている。

残念ながら、ヨルダン戦はゲットできていない。再チャレンジだ!!

がんばれニッポン!
ブラジルに行きたいものだ!!


5月10日アクセスが多いので追加情報を下記にのせます。

チケットJFA が下記情報を流しています。ぜひトライください。 


【追加販売(抽選制)】
2012年5月11日(金)10:00 ~ 5月13日(日)23:59
※今回の追加販売は「チケットJFA」のみでの販売となりますのでご注意ください。(他のプレイガイド、電話、店頭での追加販売はございません)
※本受付のチケット代金のお支払いは、クレジットカード(JCB、VISA、NICOS、Master、Diners、UFJ、イオン、ぴあ、UCが利用可能。
海外発行のクレジットカードはご利用いただけません)とちょコムのみとなります。

2012年4月16日月曜日

宇都宮 宴会 事情2

先週末13日の金曜日に職場の歓迎会に参加した。
場所は、宇都宮大通りサテライトビルの9階のGOLDA Lounge 部屋はいい雰囲気だった。
震度3の地震を経験したが、揺れが大きく高いところにいうのだなと思った。
飲み放題でカクテルがついていた。
食事の量もまあまあだった。
9F部屋内部
眺めも良かった。
それにしても二荒山神社を見降ろす建物の多いこと、罰当たりだなと感じた。

9F外

なでしこ2012シーズン開幕 ADエルフェン狭山FC vs 浦和レッズレディース

今年はオリンピックイヤー、場所は言わずと知れたロンドン、そしてすでにサッカーは男女共に出場権を確保している。

特になでしこへの期待は大きい、このような状況の中、本日なでしこリーグがスタートした。
Nack5で ASエルフェン狭山FC と  浦和レッズレディース  のゲームがあり、前半0-1後半0-4 レッズレディースの勝利でだった。
ちなみにASエルフェン狭山FCのASは、ホームページによると「AS. Elfenの名前の由来は、"AS"は前身のアゼリアのAと狭山、埼玉、西部のS、Elfenはドイツ語でサッカーをする人、英語(Elfin)は妖精の意味で、女性らしいサッカーをやって欲しいとの願いから、命名されました。」だそうだ。
前半は狭山が期待を抱かせてくれたのだが、後半は地力の差が出て、結果として昨年末と同じような点差がついた。しかし、内容は良くなっていると感じた。
また、ボンバー頭の荒川が浦和のFWにいたのにはびっくりした。

今年、なでしこのサポートもすることにしている。


2012年4月8日日曜日

お花見 さいたま市桜区

朝は書道の会に行った。
いつも楷書、行書、草書の3種類を持参するが、草書をほめてもらった。
「女性の先輩にやっていれば上手くなるものよ。」
また、「幸せって競うものでなく自分で感じるものよね。」とアドバイスをいただいた。





11時に志木グランドで大宮アルディージャと明治大学の練習試合を見てきた。
大宮はラインをうまくコントロールして守備のブロックは見事だったが、面白味はなかった。
明治の学生はプレスに行き、走り回り一生懸命さが伝わってきた。
頼もしい。プロとはいえもう少し、泥臭さと一所懸命さが欲しい。











桜図書館


桜区の図書館に本を返却した際に鴨川堤桜通り公園へ女房と昼過ぎに散策してきた。
今日が見ごろで来週末は桜吹雪だと思う。
通りは混雑もしておらず、近くの住人がそれぞれバーベキュー・お酒などを楽しんでいた。
我々は持参した緑茶を味わった。
ただ、風は肌寒かった。




J1 2012シーズン 第5節 大宮Ardija VS C大阪

率直に結果には失望した。
ホームゲームということで今度こそはと期待していたので、0-3では当然だ
ボランティアという立場から、ホームで観戦はできない。
裏方としてのサポートに徹する役割だ。
従って、スタジアムでの相手サポーターの歓声とアルディージャサポーターの失望の声と控室のTV、仲間の声から得点をしることになる。
そのシーンを見ることはできない。
負けると試合終了後の徒労感は抜けない。
サポーターの罵声を聞かされ、気持ちもなえる。
メディアでスポーツニュース(J速)、新聞(埼玉朝刊)WEB結果で追体験する。
やはり、紙面には肩を落とす監督の写真、おどるサポーター激怒の見出し、ふがいない、悲痛、完敗の文字だ。調子が悪い時の象徴的な紙面構成である。

プロスポーツは勝たないといけないとつくずく思う。
監督は辛抱、社長の信頼がこれからに繋がる唯一の頼みだ。
そういう自分も監督交代するのかななどとあらぬ考えが浮かんでくる。
信ずることは難しい。

今が底だ、過去を反省する必要はある。
しかし、下を向く必要はない、胸を張って次に備えよう。
こんなことは世界じゅうで繰り返されているそんなスポーツだと思う。

終わったわけではないプロセスの過程だ。
準備して次に備えよう。そして自分を信じよう。
負けて我々がのサポートしていることの価値が落ちるわけではない。


2012年4月3日火曜日

パスタを食す

R16号沿いの大宮西区のボワ・トスカーナへ女房と2人でランチに行った。
店はお客さんでにぎわっており、幅広い年代層の方々が利用していた。
お手軽な前菜サラダ、パスタ、ケーキ・飲み物付きのランチコースであったが、パスタの量もありおなかもいっぱいになった。
1500円弱は手ごろな値段だと思った。

春休みの日曜(4/1)のお昼ということで待ち時間が長かった。
特別な用もなかったので、問題はなかった。
店外の庭はパンジーで飾られ、綺麗に整備されていました。

店の外

久しぶりのテニス

3月29日の終業後に久しぶりにテニスをやった。
ラケットも何もなく、すべて借り物ではあったが、汗をかくのは気持ちがよい。
ただ、ラケットがKAWASAKIという年代物で扱いには閉口した。
自分の腕を考えるとちょっと重かった。
是非、次回も参加したいものだ。
ただし、翌日は握力がなく、こまったちゃんだった。

場所は清原球場そばの庭球場だった。


2012年3月19日月曜日

J1 2012シーズン 第2節 大宮 VS 新潟 観戦日記

3月17日土曜日にサポスタのO-Sanの紹介でJ1大宮のSAS主催のアウェイバスツアーに帰省中の娘と二人で参加した。

エ~
バス


バスで休憩を取りながら往きが4時間弱、復路はトンネルで故障車もあり、5時間超であった。




それにしても関越道には雪が残っていたのに、スタジアム周辺にはまったくなく、新潟でもまったく違う景観にビックリ。
到着
天気は、旅の途中から試合終了まで雨が続いていた。覚悟はしていたが、やはり冷えた。





駐車場はアウェイ入場口のそばに駐車させてもらい。
ビジターゲートでは、並んだ順に列ごと(つづら折りではなく)に2列で入っていく仕組み。テントの下で持ち物検査、チケット、亀田のスナックなどマッチデイプログラムのサンプリングをもらいスタジアムへ。広々としていてスペースの限られた大宮とは違う。
仲間と屋根がついている場所に陣取った。ピッチは比較的見やすいが、残念なことにアウェイのスペースは昨年に比較して狭い。



新潟に単身赴任中の仲間Y-San1名が合流した。確保したエリアは違うようだったが、融通を利かせてもらったようだ。
マッチデイ(新潟日報作成)には過去の大宮との戦績が躍る、構成は大宮のマッチデイに似ている。

開始前に、黙とうと日本コール!! 大宮ホーム開幕戦、J2町田に続き、3回目、サッカーで連帯いいね。

試合はというと、結果は既にご存じのように、結果は報道の通り2-1大宮の逆転勝ち。
前半は、シュートゼロで0-1新潟、大宮は守備陣も攻撃陣も良いとこなし。
ボールが回らずに横パスや下げる場面が多く、1節の攻撃が鳴りを潜めていた。

昼は、すでに購入してあった焼き鯖ロールにカツ丼、スタジアム外のフードゾーンは使い勝手がよさそうだった。

後半は大宮にスイッチが入り、立て続けにシュート、ついには今季埼玉に戻ってきた浦和東出身で塚本の背番号2を受け継いだ菊地が68分に5(カルニーニョス)から8(東慶悟)にわたりヘッドの折り返しから得点した。塚本は高校で同級生だし、なんか運命的なものを感じたね。
その後、5(カルニーニョス)が裏に出したボールを新潟のDFがカットできずに22(下平)にわたり、グラウンダーのクロスを83分に10ラファエルがあわせて逆転。
カルニーニョス は、今シーズンは活躍しそうだ。

試合終了後、大宮サポは喜び爆発、余韻を楽しみながら帰路へ着いた。
せっかくだったので、スタジアムの中を散策してみればよかったなと思った。

2012年3月15日木曜日

フランスとドイツに行ってきました

パリ ルーブル美術館


2011年の6月12日から17日の期間にフランスとドイツに行った。
・シャルルドゴール(CHD)に入り、パリに一泊
・車で移動し北に2時間程度の4千人くらいの小さな町に2泊
・さらに車で3時間ベルギーを通りドイツのアーヘンに2泊
・アーヘンからデュセルドルフ空港(車で1時間半)を経てCHDから翌18日に帰国した。



感想:
車は6速のギヤ、スピードはフランスは高速が130km、ドイツは上限がないそうだ。
混雑もなく快適な車の移動だった。
このような環境ではオートマは少ないのかなと感じた。

Le Nouvion フランス
フランスは郊外は信号も少なく、止まることもあまりなかった。電力用の風車が多く、移動中は一面大麦とビート畑であった。プチホテルの周りには燕がたくさんいた。地元の人に訊いてみたが、フランス語でなんていうのか不明だった。

ドイツはアメリカナイズされており、バーガーキング、マック、ケンタッキーなど車から見受けられた。
アーヘンの名物は市庁舎と教会ではるか昔は、フランスの首都だったそうだ。
大江戸というレストランで寿司付きの会席をいただいた。寿司は小さめ、給仕さんは日本女性が和服でサービスしていた。彼女は日・英・独3ヶ国語を操っていた。すごい。

サッカーはちょうどバラックの引退が流れていたが、残念ながらドイツ語でははっきりとわからず帰国後に内容を知った。
Achen ドイツ



2012年3月14日水曜日

日本代表U23ロンドン五輪 おめでとう

今日のバーレーン戦で勝利し、ロンドン五輪を決めた。
GK 権田くんよかったね。

今日は扇原、清武(元大分トリニータ)の二人が得点した。
香川といいセレッソ大阪は良い育成システムとスカウトをを持っている。

10番の東(大宮A)を育てた大分トリニータも育成システムが良いのか。



これでなでしこと男女ペアで出場ができることになった。
おめでとう日本!!

ところで途中に地震があったが、国立のサポーターは気がついたかな?
どのようにスタッフは、対応したのだろうか。
気になるな。


__________________________________________________________________________________________________________________________________

Football 思い出: 2008年9月の出張時に現在、岡崎選手の所属するシュツットガルトのスタジアムを見に行った。その時は日本選手はいなかったのだが、帰国する前の短い時間を使って電車で行った。
シュツットガルト ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオン(54267人)  

周辺道路 2008年9月に訪問



2012年3月13日火曜日

今日の英会話

今日は英会話スクールに行ってきた、テーマはComplimentほめたたえる練習である。


研究社 新英和中辞典によると



【可算名詞】 賛辞ほめ言葉; (社交上の)お世辞 《★【類語】 compliment は社交上の賛辞;flattery はへつらい気持ちからのおべっか》.
用例
最近、語学学習が楽しくなってきた。語楽(語学、=娯楽)である。
世界とつながりたいと思う。

2012年3月12日月曜日

ジョギング再開

今日はオリンピックマラソン最終選考が行われた。
4年間の精進をしてきたアスリートの中から幸運をつかんだ男女各3名がロンドンに向かう。

それに合わせたわけではないが、昨年3月11日から止めていたジョギングを宇都宮の単身赴任の地で再開した。

コースは会社から自宅までの約9Kmタイムは55分ほどだった。
まだやれると感じた。
少しずつやっていこう。

町田ゼルビア vs 福岡アビスパ戦に行ってきた。

今日はJ2の町田ホーム開幕戦を家族3名で観戦した。
場所は駒沢のオリンピック公園総合運動場陸上競技場

町田陸上競技場は改装で間に合わなかったと訊いた?

以前息子と広島皆実と帝京戦を見に来て以来2回目だ。

ジョギングコースがしっかりしており、ジョガーが多くまずは驚かされた。
知人の息子さんが所属されており、昨年の町田最終戦に行ってみて、楽しかった。
そこでリーグ戦のスケジュールが出て以降、女房と2012年の初戦に行ってみようと意見がまとまり、帰省中の娘と3名で渋谷経由で訪れた。

アビスパの8番にシュートを決められ、0-1(結果)で敗れたが、町田のNo.6太田のクロスバー・No.10ディミッチのポスト直撃など惜しいシーンが多く、2連敗ではあるが、今後の町田は何かやってくれそうな予感がして、楽しみなチームだと感じた。
特にNo6太田と26マーシャルのボランチコンビは面白いと感じた。
N07の勝又の裏を取り続ける姿には感心した。

また、今季からアビスパに移籍した途中出場のNo.14木原は力を出せずにいたが、昨年2度ほど話す機会があり、頑張ってほしい選手の一人だ。

今年はJ1とJ2開催日が違っているため、J2を楽しめそうだ。

終了後のサポーターへの挨拶風景
まずはJ2初昇格町田ゼルビアに注目!!






2012年3月11日日曜日

J1 スタート

昨日、3月10日(土曜日) J1リーグ2012年シーズンがスタートしました。

私は、大宮アルディージャのNack5スタジアムのFC東京戦でボランティアとして新シーズンを迎えました。登録して9年経過しており、例年通りです。
ただ、昨年は、初戦が4月末で震災の影響で異例でした。しかし、スタート後、そこには我々の日常がありました。
女房と帰省中の娘とともに午後2時に会場入りし、開場に備え、各種チェックを行いました。
変わらぬ日常は、幸せなものです。そこには安心があります。

お昼過ぎまで小雨が降っていましたが、その後上がり、試合開始時には4℃と寒いくらいの天候でした。
しかし、J1開幕戦でもあり、会場は1万1千名を超え、試合開始時には、ほぼ満席になりました。
ホームはオレンジ色に染まり、アウェイのFC東京のサポーターも良くオーガナイズされていました。スタジアムの雰囲気は、大変良い状況でした。

勝敗は残念な結果(大宮レビュー)で、後半16分にFC東京ルーカスに1点を取られ0-1で開幕戦で勝ちを得ることはできませんでした。(東京レビュー

終礼後、反省会を終え、帰宅したのは11時を過ぎていました。
今季からスタジアムの席割の変更などもありましたが、大きな混乱もなくスタートできたのは私にとって大きな収穫でした。

2012年3月8日木曜日

アヤックスのスタジアム(アムステルダム・アレナ)



  2012年ヨーロッパリーグ決勝トーナメント初戦、2月16日のアヤックスとマンチェスターユナイテッドのゲーム(UEFAホームページ)を見てきました。現時点で結果はすでに2戦合計3-2となり、マンUの2回戦進出が決まっています。
グッズの出店

私の観戦した初戦は、アヤックスのホームアレナで行われ、0-2(画像)でアヤックスは敗れてしまいました。
ルーニーはやはりすごい。

実は、2005年に家族でスタジアムツアーに参加して以来のアレナでした。
前回はサポーターのいないスタジアムを見て、クラブの歴史と14クライフの威光を見ました。
アレナの外から




   今回、フルにサポーターの入ったスタジアムの熱気に包まれ、ゲームを楽しみました。
選手紹介に続いて、サポーターの歌声、雰囲気は日本では味わうことができない空間でした。
アレナの内側試合開始前